So-net無料ブログ作成
検索選択
げいじゅつ ブログトップ

Tanabata [げいじゅつ]

120709 yukata tanzaku.jpg
Tanabata, Hiroshima, Japan

続きを読む


Think about photos... [げいじゅつ]

IMG_8210.jpg
Think about photos...
葛藤と展望。


続きを読む


Just take photos... [げいじゅつ]

IMG_8012.jpg
Just take photos...
ただ、写真を撮るだけ。

続きを読む


Crack [げいじゅつ]

MIZUTAMA.jpg

続きを読む


Christmas [げいじゅつ]

joyeux noel.jpg

Very merry Christmas!

香るキャラメルフレーバー
街を彩るイルミネーション
恋人たちのオーケストラ

日本中で。
世界中で。

3 minutes drawing [げいじゅつ]

sepianekoblog.jpg

3分間お絵描きのすすめ。

皆さんは、日常生活の中で、どのくらい絵を描く時間があるでしょうか?

最近私は、ふと思い立ち、目の前にあるものを「絵」にかいてみました。絵の具や色鉛筆は使わず、ボールペン1本のみでの作業です。本当にラフなデッサンで、労力を使わない程度にかきました。

絵を書くことでいくつか発見したことがあります。今日は、その中のひとつを紹介したいと思います。

それは、デザイナーアーティストの意図の発見でした。普段何気なく使っているものには、彼らのココロが込められています。「当然」だと思っている機能性は当然ではなく、意図的な生み出された機能性です。コーヒーマグは粉を練り上げ竃で焼き上げてはじめて、コーヒーマグとして店に並ぶ訳ですが、その過程には必ず人が関わります。彼らは、この持ち手はこうした方が持ちやすい、飲み口はこの形の方が飲みやすいという、消費者には「意識しなければ見えない」多くの工夫をこらす訳です。

デッサンとは、現実を紙の上に写し取る作業だと思っていたのですが、対象を注意深く観察することでもありました。観察対象を紙に描く過程で、当然だと思っていたデザインや機能性に気づく。デッサンは、このような機会を提供してくれました。飲み口の丸み、持ち手のフィット感。これらは、デザイナーのココロの形です。見て、描いて、気づいた後のコーヒーマグは、全く違ったものに見えました。

ほんの3分、ペンを握ってお絵描きしてみてはどうでしょうか。

Les Archives du coeur [げいじゅつ]

Christian Boltanski.jpg

心臓音のアーカイブ
生々しい心臓音が響く暗い部屋で、鼓動に合わせて電球が光る。
そんなアートでした。

このパンフレットは、去年のこの時期に開かれていた「瀬戸内国際芸術祭」における、クリスチャン・ボルタンスキーの作品を鑑賞しにいったときにいただいたものです。海岸のすぐ側に建てられた建物では、作品を楽しめるだけでなく、自分の心臓音をアーカイブし作品の一部にすることができました。

参考までに:『Art it クリスチャン・ボルタンスキー インタビュー
http://www.art-it.asia/u/admin_ed_itv/S8QKgzwLPdbMtre1ycY4

Holy Cross [げいじゅつ]

church1 byるる.jpg

Church



steeple byるる.jpg

Steeple



church2 byるる.jpg

Light up with the morning sun



mission byるる.jpg

Mission



cross byるる.jpg

Holy cross


‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

ご訪問ありがとうございます。 今回は、教会の写真をアップしました。

話は変わりますが、先の記事では、なぜかエビが注目を集めたようです(笑)
ちょっとびっくり。 私も、気に入ってたんですけどね^^ 
タイトルを『空模様』ではなく『えび模様』にしても良かったかななんて思いました♪
イイネ!(111)  コメント(36)  リブログ(0) 
共通テーマ:日記・雑感
げいじゅつ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。